カテゴリー別アーカイブ: ビジネス

助成金申請のための就業規則作成の手順とは

就業規則作成

助成金のために就業規則作成をすることもありがちですが、従業員の人数によっても変わってくるところです。

その職場の従業員が少なかったりすると特に届出する必要がない場合もありえますが、助成金を申請する上ではそれに関連している書類などを一式揃えるのがベストです。

一般的に助成金を申請する際は、就業規則作成をして提出することが求められるケースも少なくなかったりしますが、就業規則に関しては専門家に依頼するのも可能になってきます。

その会社に合った就業規則が欠かせなくなってくるポイントですが、部分的に手直しができるだけの知識も必要不可欠です。定年や年次有給休暇、懲戒処分、給与などの規定があったりするのが普通ですが、記載した以上はすべて守るのが通常の就業規則の決まりです。

正式な規定なども含めて作成する前にはよく検討してみるのがふさわしいですが、自分自身で一通りの就業規則作成をするのも難しくない場合もあります。

社員モラルを向上させる効果もあるISO27001

ISO27001(ISMS)を取得することで、対外的にアピールして信用を得ることができたり、大切な情報を守る体制作りができるなど、様々なメリットを期待することができます。
しかし、構築したISO27001のシステムを運用していくのは社員たちということになります。

いくら優れたシステムを導入しても、それを運用していく社員のモラルが欠如していてはせっかくのシステムも機能することができません。

そのため、ISO27001のシステムを構築、運用、維持していくなかで、経営者や管理者だけでなく、社員一人一人の教育が必要になります。

教育を行うことで社員全員の「情報を守る」ということに対しての意識が高まっていき、情報の保護に対する責任感が向上していきます。

管理職だけでなく、その会社で働く社員一人一人が自分の扱う情報の大切さを知り、それを守る意識を持つことで、会社全体の視点に立って責任を持てるようになり、モラルも向上していくことが期待できるのです。

ISO27001の取得をサポートしてくれる会社では、ISO27001セミナーを開催しているところもあるのでご検討してみてはいかがでしょうか?