社員モラルを向上させる効果もあるISO27001

ISO27001(ISMS)を取得することで、対外的にアピールして信用を得ることができたり、大切な情報を守る体制作りができるなど、様々なメリットを期待することができます。
しかし、構築したISO27001のシステムを運用していくのは社員たちということになります。

いくら優れたシステムを導入しても、それを運用していく社員のモラルが欠如していてはせっかくのシステムも機能することができません。

そのため、ISO27001のシステムを構築、運用、維持していくなかで、経営者や管理者だけでなく、社員一人一人の教育が必要になります。

教育を行うことで社員全員の「情報を守る」ということに対しての意識が高まっていき、情報の保護に対する責任感が向上していきます。

管理職だけでなく、その会社で働く社員一人一人が自分の扱う情報の大切さを知り、それを守る意識を持つことで、会社全体の視点に立って責任を持てるようになり、モラルも向上していくことが期待できるのです。

ISO27001の取得をサポートしてくれる会社では、ISO27001セミナーを開催しているところもあるのでご検討してみてはいかがでしょうか?

青色のオリジナル風呂敷

 

近頃は多くのスーパーなどで買い物の際にビニール袋の無料配布をしなくなったりエコ意識の高まりからマイバックを持参している人が多くなりました。
エコバックと言ってもいろいろなものがありますが、大きいバックを持っていくと商品を入れるまでが邪魔だったりあまり商品を買わないときにはバックの中で商品が動いてしまったりしてどのような大きさのエコバックを持参すれば良いのか分からないと言う人もいるでしょう。

そうした人には風呂敷を買い物袋として利用することをおすすめします。
風呂敷はいろいろな包み方があり、一枚の布から様々な大きさのバックにすることができるのです。
日常生活の中で風呂敷を使うのであれば、青色の風呂敷にしてはいかがでしょうか。

また友達や後輩などにプレゼントを渡すときに包む風呂敷の色としても青色が好ましいです。
プレゼントを包むために風呂敷を購入するのであれば、名入れサービスを利用すると良いでしょう。

また誕生日のプレゼントとして贈るのであれば名入れとともに日付を入れるとより特別感が増します。
名入れサービスは多くのお店で行なっていますので、ぜひチェックしてみてください。