初めてのキャッシング~即日審査から融資まで~

初めてキャッシングを利用する時には、基本的な仕組みや知識を身に付けておくことが大切です。全く知識がない状態でもカードローンを利用することは出来ます。

申し込みをして審査を通過することが出来れば契約が可能で、審査を通過するための基準に「カードローンに関する深い知識があるか」などの判断基準は存在していませんから、単純に「返済能力がある」と判断されさえすれば融資が実現する可能性はあります。

しかし、何も知らない状態でカードローンを利用する場合と少しだけでも知識を持って利用する場合とでは、最終的な結果に大きな違いが出る可能性が少なくありません。特に「返済総額や負担の大きさ」には顕著な違いが出る可能性が高い為、ごくごく基本的な部分に関してだけでも良いので知識を持って利用することが大切です。

それでは、「初めてのキャッシングで覚えておいた方が良いポイント」をいくつか紹介していきます。まずは「即日審査・即日審査を実現するための方法」についてです。

そもそもカードローン業者には様々なところがあります。即日融資に関しても例外ではなく、対応非対応がはっきりと分かれている状況です。と言っても、ほとんどのカードローン(特に消費者金融系)は即日融資に対応していて、早い時には申込みから1時間もかからずに融資が受けられる可能性もあります。「最短30分審査」というサービスは当然と言えるものになっていて、消費者金融系のみならず銀行系のカードローンでも採用しているところがたくさんあります。

ただし、存在している全てのカードローンがそうであると言う訳では無く、中には審査に数日の期間を要するカードローン業者もあります。基本的な条件として融資までに一定期間が必要になるというカードローン業者もあれば、即日融資を行っているカードローン業者だっても数日かかってしまうこともあります。

消費者金融の審査基準であっても、あるいは銀行でもあっても、その基準は様々なのです。

要は「審査にどのくらいの時間がかかるのか」が大きく影響し、それ如何によって融資実現までの期間が違ってきます。申し込み手続きや契約手続き、融資手続きに関してはほとんど時間はかかりません。申し込み手続きに関しては個人差が大きくなりやすい為、人によっては数十分~1時間ほどかかってしまう可能性もありますが、その他の手続きは基本的にカードローン業者が主導するものになるため、数分程度で完了することがほとんどです。

つまり、即日融資を実現するための最初のハードルが「審査」であり、これを如何に効率よく完了させることが出来るのかがポイントになると言ことです。

スムーズに審査を完了させるためには、「審査に必要な書類を準備する」と言うことが大切です。収入証明書は不要になる場合も少なくありませんが、あればスムーズに審査を進められる可能性があります。審査で時間がかかってしまう要因は「確認作業」であり、申込者の返済能力を正確に推し量ることが出来れば審査は終了します。その確認が終了しないから時間が長くなってしまう訳ですので、その為に効果のある準備物はしっかりと整えてしまった方が賢明です。

ただし、当日中に審査が完了しさえすれば即日融資が受けられると決まる訳ではありません。なぜなら、「融資手続きが完了して『実際に現金が手元に来る』ことが必須」だからです。

カードローン業者との契約手続きが完了すると、ほとんどの状況で融資手続きが開始されます。融資方法の内、「来店不要で利用出来る」という理由から銀行振込みが選択される機会は多いです。銀行振込みであれば、申し込み~融資完了までの全てを来店不要で完結させることが可能となるため、状況を選ばずに即日融資を受けることが出来るというメリットがあります。

しかし、銀行振り込みの場合は「銀行が処理を完了できるかどうか」がポイントです。すでに書いた通り、カードローン業者は契約完了後すぐに融資手続きを始めてくれます。銀行融資であれば、契約完了後から5分程度で手続き(カードローン業者)が完了しますが、これはあくまでも「振り込み依頼」が完了したに過ぎません。後は、銀行がこの依頼を処理し、対象となる口座に入金処理を行ってはじめて融資が完了となります。

つまり、この「銀行側の処理」こそが最大のポイントになるため、「銀行の営業時間内に手続きを完了させる」と言うことが必須となります。銀行の営業時間自体は各行ごとに違うこともありますが、全国的な共通認識として「振り込み手続きは平日の15時まで」です。この時間以内に手続きが完了したもののみ当日中に入金されるため、この時間以内に完了させることが必要です。

万が一、銀行の対応時間を過ぎてしまった場合は即日融資が受けられないと言う訳では無く、別の方法を利用することで実現できる可能性があります。その方法となり得るものが「自動契約機や窓口融資」です。窓口では手渡しで融資を受けられる可能性もありますが、多くは窓口もしくは自動契約機でカードを受け取ってATMを利用して借り入れを完了するという方法になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です